近年の幼児教育の傾向

subpage1

少子化の影響で教育市場は縮小傾向である中、幼児教育の需要は高まり続け拡大傾向にあります。
少子化や両親の共働きなどで子供一人にかけられる教育費は多くなっているというのも要因の一つです。
また親の幼児期の早いうちに才能を発揮させてあげたり、可能性を広げてあげたいといった考えも幼児教育の需要を高めているのです。

幼児期はその後の人間形成に大きく影響を与える重要な時期です。



この幼児期に基本的な生活習慣や態度、知的な発達や運動機能の発達、情緒の発達を生活や遊びを通して学んでいきます。


豊かな経験や体験が、小学校からの本格的な学習が始まった時に必要な、学びの基本となる探究心や好奇心を大きく育てます。

T-SITEの情報を調べてみましょう。

社会的にも情報はネットでも簡単に集める事ができる時代で、知識だけでなく人間性を求められる時代であることを親達は身を持って感じています。

知識だけでなくそれ以上の経験や継続していく中で得られる精神的な成長を促してくれるものは、子供の成長を長い目で見た時に土台となるものです。

あなたの探していた赤ちゃんが泣くがとても人気であることがわかります。

たくさんの習い事などがありますが、是非現在の結果だけで子供を評価するのでは無く、その先の学ぶ力や生き抜く力、挑戦し続ける力・探究心なども育ててあげているのだという視点を是非忘れないでほしいです。
そして親子で楽しんだり、喜びを共有する事も大切です。
子供は親の笑顔が大好きです。幼児教育を親子で楽しみ、子供の成長を一緒に楽しんでいってほしいです。


教育の情報まとめ

subpage2

幼児教育に対して賛成か反対かと聞くと意見が分かれることが多いです。そこで、賛成理由と反対理由について述べていこうと思います。...

more

教育の常識

subpage3

親になってからわりとすぐに考え始めるのが幼児教育についてでしょう。初めのうちはあまり興味がない人でも、ママ友や周囲の人達に影響されて、教育について考えるようになるのは、親としては不思議なことではありません。...

more

教育が気になる方

subpage4

日本では中学校までは義務教育として、全ての子供たちが平等に教育を受けることができます。しかし、それはあくまで学校教育であり、個々の家庭が子供達に受けさせる教育には差があります。...

more

いまどきの教育

subpage5

これからの幼児教育に必要なものは、まず、規則正しい生活習慣を身につけさせる事です。次に必要なのが、自らいろいろな体験をし、感じ、考えるという事です。...

more